市内免税店の新規事業権の許可、大規模の「免税産業の人材シンクホール」を招く!!
상태바
市内免税店の新規事業権の許可、大規模の「免税産業の人材シンクホール」を招く!!
  • 김재영
  • 승인 2015.06.15 18:49
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

ソウルを含め、年末まで新しい人材が少なくとも6千人以上必要
年初めにプン予定のため準備期間が短く
関税庁・韓国免税店など、専門人材の育成策が差し迫った課題となっている

国内の免税店業界は、15年ぶりとなる市内免税店新規事業権を獲得するため、競争が熾烈化しているが、それに伴って急増すると思われる人材需要に関しては、まだ解決策などは模索されず、「免税人材不足」が懸念されている。

政府は、今年2月に免税産業の活性化に向け、ソウルと済州(チェジュ)地域の4ヵ所に巨大な規模の市内免税店を追加で新設すると発表した。免税産業の特性上、店内インテリアや在庫確保など、高いコストがかかるため、業界による大規模な新規投資が期待されている。これによって「経営管理」、「販売」、「包装」、「在庫管理」、「物流管理」など、関連部門における専門人材、約4,000人の雇用創出が予想される。

면세업-배경-인포(일문최종)7002050

関税庁の関係者は「政府がグローバル市場において競争力のある市内免税店の出店を進んでいるため、業界は以前よりも大きな面積として、事業権の獲得に向けてさらに拍車をかけるものと予想される。これはいずれ、新規雇用のにつながるだろ」と述べた。

このように、各企業が事業権の申請を前に、できるだけ広い敷地を確保すると競って発表している中、最大敷地を確保した会社が4つの新規事業権を落札する可能性が高くなっている。

しかし、業界では「高い離職率」また免税商品の販売及び管理における「専門知識を持つ人材の不足」、「外国人顧客とのコミュニケーションの困難」など、慢性的な人手不足に直面するのではないかと、懸念している。 誰が選ばれても、新規の事業権獲得による「専門人材の不足」は、避けて通らない課題となっている。

新規投資の誘致、雇用創出の裏には
「高い離職」、「門人材の不足」など
業界は慢性的な 人手不足に悩まされている

現在ソウル州の市の従業員は、およそ一万人、これから少なくとも81%の追加の人材が必要

ソウルで最も多い売場を保有しているロッテ免税店の総面積は、3ヵ所を合わせ29,861平方メートル(9,033坪)であり、新羅免税店が9,332平方メートル(2,823坪)、SKウォーカーヒル免税店が7,557平方メートル(2,286坪)、東和免税店が6,460平方メートル(1,954坪)である。

この1月、 関税庁から発表された「市内免税店の増設による期待効果」によると、店舗面積の1平方メートル当たり、従業員は約0.15人(2013年10の市内免税店基準)で、1坪当たりおよそ0.5人が勤務しているという。

これに基づいて、現在ソウルの市内免税店6ヵ所を合わせた面積、約53,210平方メートル(16,096坪)を適用すると、ソウルの市内免税店で勤務する従業員は、約8,048人に達するという結論が出される。ロッテ免税店と新羅免税店を合わせた済州市内免税店の面積12,205平方メートル(3,692坪)における推定従業員1,846人も同様である。

これは、2014年、業界が独自で調査した全国の市内免税店の従業員の数、10,193人とほぼ一致する。これを基に新規事業権の結果が発表される7~8月以降、市内免税店に必要な最低限の人材必要条件を 予測することができる。

だとすれば6月1日の締め切りを前に新規事業権の申し込みを準備している各企業が発表した予想敷地によって様々な 組み合わせが予測できる。まず、大手企業が対象となる事業権2ヵ所に具体的な案を提示した企業を中心にみてみよう。

1. 大手企業大手企業B + 中小中堅企業A
発表した企業のうち、最も広い18,180平方メートル(5,499坪)の面積を提示した大手企業Aと二番目の広さである15,180平方メートル(4,591坪)の大手企業Bが選ばれた場合、2,749人と2,295人に中小・中堅企業の1,497人を合わせた6,542人の従業員が必要と予想される。 現在の人員に比べ、最大で約81%増加した数値である。

2.大手企業C & 大手企業A + 中小中堅企業A
12,000平方メートル(約3,600坪)を提案し選定審査において、有利な条件とされる大手企業Cが大手企業Aと同時に選ばれると、1,800人と2,749人に中小・中堅企業の1,497人を合わせた6,046人の従業員が必要となる。 今より約75%の人員が増加した規模である。

3.大手企業D & 大手企業E + 中小中堅企業A
9,900平方メートル(2,994坪)を提案して、公表された面積のうち最も狭い面積ではあるが、この頃、済州(チェジュ)空港で高い収益率を上げながら業界から注目を浴びている大手企業Dの勢いも無視できない。 これに大手企業Eが所有する、デパートの2つのフロアに売り場を展開する計画であり、その規模は約10,578平方メートル(3,199坪。デパートの面積5、2892平方メートルのうち10/2に当たる)と予想される。これらの必要な人員は1,497人と1,599人で総3,096人である。中小・中堅企業まで合わせると、4,593人の新規雇用が必要となる。 現在より少なくとも57%増加した数値である。


問題は、この数値はソウル3ヶ所のみを予測した結果であり、済州の市内免税店への軒並み移動 及び新規事業が実施される場合、済州地域だけで従業員が必要となる。特に、ロッテ免税店が 今年6月19日西歸浦(ソギポ)から済州市内に拡張移転する予定であり、400~430人の新規採用が、大きな問題となっていることをみても、今年、または年末に発生すると予想される免税店専門人材の求人問題は、業界全体の構造的な問題になりかねない。
現在の面積53,210 平方メトル業員8,048人。しかし、
新規事業を取得した場合業員の 数は、現在より57%~81%まで上昇し、
従来・新規の事業者ともに、人材不足に直面しかねない

「免税売場の運営に関する告示(2015.1.27改正)」上、事業権を取得した 企業は6ヵ月以内に営業を開始するよう、定められている。例えば、7~8月中に事業権が確定されれば、当該業者は早ければ来年のはじめ頃には営業を開始しなければならない。企業の死活をかけて事業権を獲得したとしても、人材確保問題が解決できなければ、慢性的な人手不足から自由にはいられないだろう。

면세업-인포그래픽-취업등등(일어)7001105

やっと従業員を雇ったとしても…業務能力は期待できない

しかし、慢性的な人手不足となっている企業など、業界は今すぐ必要な1万人余りの専門人材をどう確保すればよいのか、分からなくなっている。その原因として、デパート及び一般の流通業とは異なる免税店ならではの 厳しい採用条件が考えられる。

免税店は言葉通り免税商品を扱っており、販売に必要な関税法をきちんと熟知していなければならない。さらに、航空または港湾に関する規定や手続きも重要な販売過程の一つである。それに、原則として免税商品は必ず関税庁の管理監督が必要であり、規定に従って免税商品が国内に搬入されてはいけないことや、海外に出される場合の問題など、かなり専門的な知識が求められる。顧客の情報を扱ううえでも、多くの知識が要求され、主な利用客である内・外国人とのコミュニケーションも円滑に行われなければならない。

ある業界関係者は「現場では、すでに中国語が出来る人を確保することが難しくなっており、中国国籍の朝鮮族同胞の採用割合が半分を超えている」とし「こうした人たちは韓国語になれてないため、関税法と業務の教育が容易ではなく、かえって韓国人のお客との摩擦で国内利用客からのクレームが増えている」と訴えた。従業員は、基本的に外国語 能力と関税法の知識を見に付けなければならず、業界では経験者を好むが、高い離職率と派遣社員のコントロール問題で頭を悩ませている。実際に、営業、MD、マーケティング、カスタマーサポートなど中間管理職は全体の3%~6%に過ぎず、体系的な管理が難しい状況である。

そのため、新規の市内免税店が確定される7月末~8月、免税業界ではすぐにでも、人材確保を巡る競争が激しくなる見通しだ。免税店業界では、足りなくなっている専門的人材を補うため、既に勤務している経験者を中心に人材を確保していくしかない。そして、人員不足を埋めるためにヘッドハンティングが行われる場合、当該の免税店や入店会社側は賃金の引き上げや福利厚生の保障を提案することで従業員の転職を引き止めるしかないと言っている。「免税事業は金の卵を産むガチョウとして誇張され、競争だけが激しく、確かに魅力はあるもののかなりの手間がかかる事業」だという、業界関係者の話も納得できる。

関連機関がより積極的に解決策を模索する必要がある

求人問題は単なる人手不足として扱うわけにはいかない。必要な人材を確保するためには良い条件を提案する必要があるがその場合に必要なのは給料の引き上げや福利厚生の条件、そして 昇進といったメリットである。そのため、業界全体の賃金水準の引き上げを求める声も高まるとみられる。人材不足による免税店従業員の給料の引き上げや関連費用の増加などは産業全体の収益にも大きな影響を及ぼす。ある関係者は「免税店の収益を考慮すれば、人材関連費用はすでに限界を越えている。給料引き上といった外部要素や、為替レートの変動によるブランドごとの製品の納品単価の引き上げの要請など、様々な要因によって収益はさらに悪化し、サービスの質も保障できない状況である。免税業界の今後が不透明な理由がここにある。

人材不足は結局、賃金上昇につながる
産業が成長しても、収益は悪化する可能性がある
関税庁韓国免税店協会など連機
産業の門人材の育成に積極的にり出すべき

結局、免税関連の事業権を審査する関税庁の事業権審査だけでなく、人材問題に対する関心が切に求められているしかも、「免税売場の運営に関する告示第5-5条1項4号」では、免税売場の協議団体が「免税売場で勤務する専門人材を養成するための教育事業」を行うよう、定めている。これは、韓国の免税店業界の活性化や雇用の増進に貢献する目的で設立された韓国の免税店協会が人材問題さらに力を入れなければならない理由である。該当産業の各主体が、より積極的にならなければ誰もこの問題を解決しようとしないからなのだ。

今にでも、事業権を審査する関税庁と韓国の免税店協会が免税産業の専門人材の養成に積極的に乗り出さなければならない。今後、予定されている事業権の審査も重要ではあるが、それによって発生する問題の解決策についても、早急に取り組まなければならない。


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.
주요기사